トップメッセージ

海の恩恵を受け、海と一体となって「福一」は、明日への躍進を続けています。

福一漁業は江戸時代宝永年間より海に生業を求め、海洋資源を企業成長の源とし、 海よりの恩恵を受け、海と一体となって歩んでまいりました。昭和39年福一漁業株式 会社を設立。以来半世紀、幾多の激動の荒波を乗り越え躍進を続けてまいりました。
現在はかつお・まぐろをメイン商材とし、生産事業部門(海外旋網漁業、鮪延縄漁業)、 販売事業部門(西島コールドストレージ、大井川コールドストレージ、東京営業所)直販部門(福一焼津流通センター、 福一静岡昭府店、 福一焼津ピアゴ店)及び飲食部門(海鮮食家 福一丸、 廻船漁港 福一丸(回転寿司)、 FUKUICHI JAPANESE DINING シンガポール)の部門を配し、厳しいプロの目による 徹底した品質管理のもと自信をもって商品をお客様にご提供できることを第一に心掛 けております。

近年、国内では少子高齢化による人口減少でマーケットが縮小する一方で、海外で は成長発展著しい新興国を中心に健康面からの魚食が見直され、魚の消費拡大は 目を見張るものがあり、その争奪戦は熾烈を極めております。我が社は責任ある食の提供者として、生産現場から末端消費者販売まで、一貫した管理体制のもと、魚を獲るところからはじまり、お客様の口に入るまでの安心、安全責任を果たすべく、努力を重ねてまいる所存です。
社是であります『未完成の魅力、いつも今が始まり。』は日々進化し続ける若々しい躍動感のある企業でありたい。そんな願いがこめられております。

代表取締役 近藤一成