冷蔵部

抜群の鮮度と高品質のマグロをお客様へ。
写真:冷凍マグロ

食の安全・安心をお届けできる施設FNC

福一・西島コールドストレージFNC(Fukuichi・Nishijima・Cold storage)は、清らかな大井川湧水の湧き出る温暖な地に地球環境に配慮した食の安全・安心をお届けできる施設として、平成27年5月に竣工、翌6月に操業開始しました。設備の主な特徴としては先進技術を利用した、省エネ型自然冷媒機器パスカルエア(空気冷媒のためフロンガスを発生させず、CO2排出を大幅に削減できる冷却機器)や1時間に1トン以上凍結させるトンネルフリーザー、また交差汚染に考慮し、モノの導線を1方通行とした構造などが挙げられます。設備以外としましては、品質管理室を設置し、日々検査を行うことで安全管理を徹底。新たな商品を世に送り出すために、研究を行う商品開発室も工場内に設けました。今後はアジアから欧米へ「さかなのまち焼津」のブランドである水産加工品を多くの国々に提供できるよう、準備も進めております。


冷凍規模と能力
名称 福一・西島コールドストレージ(FNC)
所在地 焼津市西島254-8
敷地面積 16,612.34m2
建築構造 鉄筋造合金メッキ鋼板ぶき・陸屋根2階建
建築延面積 8,169.96m2
冷蔵部
先進技術を利用した省エネ型自然冷媒機器【パスカルエア】
ノンフロン型空気圧縮循環方式
冷凍能力 1. -60度 3,364トン
2. -60度 3,038トン
合計 6,402トン


鮪の専門家を自負するに足る先端施設FOC

写真:冷凍マグロ

福一・大井川コールドストレージFOC(Fukuichi・Ohigawa・Cold storage)は、自然環境に恵まれた焼津市藤守に立地しています。冷蔵部の拠点として稼動するFOCのアドバンテージは、冷凍能力と冷却方式です。世界に先駆けて超低温立体自動冷蔵庫を導入。キャパシティは12,700トン、最新鋭の冷凍機によって-60℃・-40℃に設定されたSF級(スーパーフリーザー級)・F級(フリーザー級)の2つの冷蔵庫で構成されています。また、スタッカークレーン方式のラックバックシステムも採用するなど、高付加価値を確実に維持する、福一ならではの設備仕様で貪欲な鮮度管理を追求し、高品質な商品の安定供給をし続けています。


鮮度と品質の鍵を握る冷蔵部。

搬入された冷凍鮪の保管管理が冷蔵部の仕事です。お得意様からの入出庫依頼に対して迅速・的確に対応し、鮮度と品質を守る役割を果たしています。

冷凍規模と能力
名称 福一・大井川コールドストレージ(FOC)
所在地 静岡県大井川町藤守字浜新田1655-1
敷地面積 26,558m2
建築構造 鉄骨造2階建
建築延面積 6,532m2
設備の主な概要
冷凍能力 F級 -40度 9,200トン
SF級 -60度 3,500トン
合計 12,700トン
総合的かつ緻密にコントロール される冷蔵システム。図:俯瞰図