新着情報

2016年7月5日号マリンフーズニュース掲載 ★和食ブーム 離脱も英・EU共に有望市場 マグロ輸出先

2016年7月 6日

(以下、記事掲載)
 英国は6月23日の国民投票によってEUからの離脱を決定、その後、世界は一時的に株安、ユーロ・ポンド安と経済不安が広がった。但し、日本のマグロ・カツオ事業からみればどうだろうか-。為替は、円高へとシフトしたものの、ユーロ、ポンドとも対米ドルに比べれば下げてはいない。欧州における日本食のブームは変わりなく拡大基調にあり、将来のマグロ・カツオ輸出相手国として英国・EU共に有望市場であることに変わりないと敢えてこの時期に強調したい。
 農林水産省の統計によると、日本からEUへの水産物の2015年の輸出額は、前年比で35.4%増加し、約73億円となった。日本からEUに最も多く輸出されている品目はホタテだが、近年の日本食ブームの拡大でブリやハマチが大きく増加していることが背景だ。中でベルギー向けブリは、この5年で10倍に激増したほど。顧客は、日本料理店だけではなく、ブリュッセルのミシュラン一つ星の高級フレンチ・レストランが、新しい食材として使用するまでになっており、「脂が乗っている」と評判だという。欧州マグロ市場の開拓が十分可能であることを物語っている。マグロ業界も既にEU市場を見越して動き始めている。水産庁は今春、福一漁業(焼津市、近藤一成社長)の刺身向け冷凍マグロ加工場「福一・西島コールドストレージ」(略称・FNC)を、対EU・HACCP水産加工施設第9号として認定した。FNCは福一漁業が昨年完成させた刺身マグロの加工工場。超低温冷蔵庫を併設、国内販売を拡充する一方、海外向け製品販売を強化するもの。同社はそれまで、マグロ加工場と冷蔵庫を設備した「福一・大井川コールドストレージ」(略称・FOC)が対米HACCPの認定を受け、2013年から米国にネギトロなどマグロ加工品を輸出してきた。FNCはEU・HACCP認定を受けたことで、今度はEUへキハダやメバチの刺身、加工品を輸出して行く。欧州でマグロは、ドイツ、フランス、英国で、鮨ダネとして、地中海沿岸国ではマグロステーキの需要があるという。

2016年5月 福一・西島コールドストレージ BRC グローバルスタンダード認証

2016年5月25日

2016年5月、当社の福一・西島コールドストレージ(略称:FNC)が、BRCグローバルスタンダードの認証を受けました。

 BRC(Food)規格とは、1998年、イギリスの小売業者団体である英国小売協会(British Retail Consortium:BRC)が、所属する英国小売業者のため、PB商品サプライヤー監査の要求事項を編纂・開発し、食品安全のために発行している規格です。同協会が第三者認証のスキームを運用しており、GFSI (Global Food Safety Initiative)のベンチマーク規格としてGFSIに承認されています。この規格は、文書化要求をともなうHACCPとISO9001と共通するマネジメントシステムの要素を含み、食品の安全衛生管理、法律遵守、品質管理の3点に焦点をあてています。
GFSIとは、世界の消費財業界メーカー・小売企業、650社以上によって組織されるTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営される非営利団体で、消費者に安全な食品を届けるために検査機関・行政などとも協力して活動しています。

 世界的に認知度の高い規格であり、現在、100カ国以上、18,000を超えるサプライヤーがこのBRC(Food)規格認証の取得をされています。 その認知度の高さから、英国だけではなく、他の欧州諸国の小売業者を始め、海外でもBRC規格取得を取引条件として求めています。


BRC.jpg

EU・HACCP取得 刺身マグロ輸出拡大へ 水産加工施設で第9号

2016年5月 2日

2016年(平成28年)5月2日(月)、日刊水産経済新聞に掲載されました。
以下、記事全文。

 水産庁は4月19日付で福一漁業㈱(静岡県焼津市、近藤一成社長)の「福一・西島コールドストレージ」(刺身向け冷凍マグロ加工場と超低温冷蔵庫を設備した施設=略称・FNC)を、EU・HACCP水産加工施設の認定第9号として認定し、4月27日に認定書を交付した。
 同社はこれまで、マグロ加工場と冷蔵庫を設備した「福一・大井川コールドストレージ」(略称・FOC)が対米HACCPの認定を受けており、2013年から米国にネギトロなどマグロ加工品の輸出を開始している。今回FNCがEU・HACCP認定を受けたことで、EUへもキハダやメバチの刺身、加工品が輸出できるようになる。6月下旬にはEUへの輸出体制が整う見通し。
 現在、輸出向けの扱いは売り上げ全体のごく一部だが、FOCとFNCの売上金額220億円のうち、全体の5%を輸出向けにしたいとしている。
 同社は対米輸出を通し、和食文化の広がりを実感しているという。「特に寿司の販売が非常に伸びている。米国ではサーモンとマグロの2種類が群を抜いて多く、マグロはまだ伸びしろがある」(近藤大輔専務)。
 EUではドイツ、フランス、英国で江戸前寿司のニーズが、地中海周辺の国々でマグロステーキのニーズがあるとみられ、今後マーケットリサーチを本格化させる。ただし、刺身マグロの輸出では韓国が先行している。「刺身は本来、日本の文化。日本初の商品であることを強調し、アピールしたい」(近藤洋常務)としている。

福一漁業様1.JPG
水産庁の佐藤正加工流通課長(右端)から認定書を受け取る近藤専務(その左)

EU HACCP認定書16.4.19.jpg
EU HACCP認定書

水産庁 EU・HACCPで福一マグロ加工場を認定 

2016年4月21日

2016年(平成28年)4月21日(木)、日刊水産経済新聞に掲載されました。
以下、記事掲載。

 水産庁は19日、福一漁業(焼津市、近藤一成社長)の刺身向け冷凍マグロ加工場「福一・西島コールドストレージ」(略称・FNC)を、同日付で対EU・HACCP水産加工施設の第9号として認定したと発表した。27日には農林水産省で認定書が交付される。
 FNCは福一漁業が昨年完成させた刺身マグロの加工工場。超低温冷蔵庫を併設、国内販売を拡充するほか、東南アジアや米国などの海外向け製品販売の強化を目指し、EU・HACCPの取得も視野に入れていた。

平成27年度水産功績者受章 代表取締役社長 近藤一成

2015年11月27日

平成27年11月26日(木)東京・赤坂の石垣記念ホールにて、当社の代表取締役社長 近藤一成が大日本水産会から平成27年度水産功績者として、秋篠宮様ご臨席のもと表彰を受けた。


平成27年11月27日(金)水産経済新聞
H27水産功績者 水経新聞記事15.11.27.jpg

H27水産功績者受賞者一覧jpg.jpg

2015 福一漁業 お客様大感謝祭開催

2015年11月20日

「2015 福一漁業 お客様大感謝祭」
【場所】 福一焼津流通センター 焼津市八楠170
      福一静岡昭府店 静岡市葵区昭府1-18-15

【日程】 平成27年11月28日(土)、29日(日)8:00~17:00

【イベント内容】
☆まぐろ無料試食会
☆まぐろ解体ショー 両日13:00~ おろしたて即売 じゃんけん大会
☆大抽選会(1等 福一特選天然まぐろセット2万円相当)当日3,000円以上お買上げのお客様が条件となります。空くじなし
☆まぐろカマ詰め放題 1回 500円
☆お菓子のつかみ取り
☆千本釣り

楽しいイベントが盛りだくさん!ご来店お待ちしております。
福一漁業お客様感謝祭表のコピーのコピー.jpg

2015年7月19日 福一ジャパニーズダイニング シンガポール2号店オープン 

2015年7月20日

FUKUICHI JAPANESE DINING ORCHARD ROAD店(オーチャードロード店)

住所: №28 Cavenagh Road, #01-05 Orchard, Hotel Chancellor@Orchard Singapore 229635
電話: +65 6737 0788
ロケーションはオーチャードロードから北へ入ったカベナロード沿いで、以前ホテルグランドセントラルという老舗ホテルのあった場所。最寄り駅のMRTサマセット駅までは徒歩5~6分というロケーションの良さが最大の魅力です。
ダイニングでは刺身、寿司、天ぷらをはじめとする代表的な和食はもちろん、旬の素材と地元の食材をコラボさせた創作料理もオススメです。

IMG_2696.JPG

IMG_0135.JPG

IMG_2691.JPG

IMG_2688.JPG

IMG_2694.JPG